Conceptコンセプト

職人は要らない

「美味しいラーメンは頑固な職人気質の親父さんが作っている」

そんなイメージを持っている人は少なくないでしょう。確かに、職人たちによる飽くなき味への探求心によって、ラーメンはここまで進化してきました。しかし、ラーメンに限らず現代の飲食業界は慢性的な人手不足。利益を度外視してラーメン職人を育成している暇も余裕もありません。職人がいないとラーメン店を繁盛させていけない。店舗を拡大していけない。

私たちは、そんな状況を打破していきたいのです!!

こう書くと、量産型の「美味しいけどなんか普通」なラーメンしか作られないようになるのでは?と必ず心配されます…そんなことはありません!

二大看板の意味
商品の追求と進化

私たちは「汁なし担担麺」と「魚介そば」を2大看板商品に掲げ、この2つのラーメンを極めようと思いました。

何故、汁なし担担麺と魚介そばなのか?

それは職人でなくても、味のブレを極力無くし、安定した美味しさを提供できるのがこの2つのメニューだからなのです。
動物系のダシを多く使うラーメンは、味のインパクトが強い反面、ダシをとるための炊き込みの時間も長く、扱いが難しいのです。ガツンと豚骨のインパクトを押し出しているお店や、あの某有名ラーメン店Jでも、足繫く通うファンたちがその日のスープのブレをよく話題に出します。お客様のジャッジは厳しい…

その点、魚介系のダシは、決まった時間しっかりダシをとれば、確実に旨味を抽出出来ます。

毎日美味しいと思って頂けるように安定した味を提供できるメニューを熟考していった結果、私たちはこの2つの商品に辿り着きました。
そして、この2商品に絞るからこそ、常に全精力を注ぎこむことが出来て、常にこの2商品を進化させていくことができるのです。